ねこSTAND ver.01


ねこのからだ形のスマーフォン、タブレットスタンドです。
が、元々の使い道は《ねこの顔皿七変化》体験コースで作るねこの顔皿立て。
「顔皿を飾るなら、からだの形がいいんじゃないかな?」みたいな発想が出発点です。
 
特徴その1
顔皿は曲面なので、置く部分の奥行きに余裕をもたせて作っています。 
厚みが約17mmまでのものが立てれるので、写真立て、メモ帳置き、アイデアでいろいろと…
 
特徴その2 
重みがあるのでフラフラしません。
塊に近い陶器で、小型ながらずっしりとした重みがあって安定しています。
 
特徴その3
形と質感にこだわりました。
白タイプは、つや消しで、微細な結晶が詰まっている白色です。
黒タイプは、とても深い艶の黒で高級感があります。
どちらも金彩手描きのしっぽのアクセント。
 
 size:95×140 h45

各教室で販売中


海の生き物皿


20種類の海の生き物を長さ12~13cmの小皿にしました。
渦潮で有名な鳴門にある、海沿いのリゾートホテル《モアナコースト》。敷地に入ってすぐ右側に、雑貨のお店《アイランド》があります。
リゾート地ならではののんびりとした雰囲気が漂うよい感じの場所で、こじんまりとした店内では作家さんの手作りのアクセサリーや小物、衣類などがセレクトして置かれています。
 
教室の体験コースにもあるこのお皿をアレンジして商品にしました。
 
現在このお店でしか買えないこのお皿はとても人気があるようで、ドライブの途中で立ち寄った方や、お土産探しの方の目にとまり、お皿を選ぶのも楽しいらしく、2~3枚選んで買っていかれるとのこと。


つるりん


兵庫県の加古川にある刀田山鶴林寺は、建築、仏像、絵画、工芸品など、国宝や重要文化材などを多数有する、聖徳太子と所以のあるお寺です。
このお寺では、毎年アートプログラムというイベントがあり、多くの人にアートにふれていただけるよう、境内にいろいろな作家の作品を展示してあり、販売もされるというものです。
 
そんな中、記念品的なグッズをパッケージも含めて提案させていただきました。
《つるりん》は鶴林寺のマスコット。
長寿と繁栄のおもまり。
 
高さ約3cmの小さな手描きの陶器です。
500個を納品
 
鶴林寺にて販売中(在庫分のみ)


gray土の白い皿


正方形の一辺は約18cm、横幅は約28cm。
我が家でしょっちゅう使えるお皿→日常使いだけれど、ちょっと気の利いたお皿を目指して作りました。
 
おかずをのせる大きなところと、ソース、たれ、薬味などを入れる小さなところが一枚に合わさったお皿。
 
そういうお皿は磁器でできていて無機質であったり、用の方に重点がおかれているものが多く見受けられました。
我が家のお皿はそれじゃない…というわけでこの形となりました。
 
このグレーの土とこの白い釉薬の相性はとても好みで、土に入っている雲母が出てきて器に表情を与えます。
また、地のグレーが器の縁や凹凸に現れたりするのは、釉薬のノリが薄かったことを示す様が出て、この器の雰囲気に一役かっています。


Stratum Series
《層の器》


土を積み重ねて層にしたかたまりから、かたちに削り出していきます。
積み重ねる土の厚み、段数、色を組み合わせてデザインしています。段と段は接着目的の泥状の土を塗りますが、その色もデザインのこだわりといいましょうか、考えて積み上げていきます。
地層から歳月がわかるように、時をとじこめたようなイメージがひろがる作風の甲斐あってか、器、オブジェにとどまらず、骨壷にまで広がりました。
小さな骨壷は、10年以上に渡って販売され続けています。
 


title : [Stratum Ball] 
花器  size : w120

title : [KOMA]
一輪挿し  size : w220mm

[Sora]  
骨壷 size : w85


[Tholus]  
骨壷  size : w68 h70


W and RB combination
《白と赤茶の器》

鈍い光沢のある白い釉薬と、赤土の少し木肌を思わせる質感に仕上げた面が対象的なシリーズです。美しい曲面と形を模索して作品に仕上げました。
半磁器という磁器の混じった土は、薄く作っても強度があり、土の柔らかさを残しながら線的な表現ができます。
 

[Float Bowl #2]  
器  size : w260 d120 h30

[MAIMAI #1]  
器  size : w300 d120 h100

[MAIMAI #2]  
器  size : w300 d120 h100